komichi☆写真詩

冒険心 

spirit of adventure

日本の若者の海外離れが進んでいると言われていますよね。

世界情勢の変化や格差社会など(?)理由は多々あるのでしょうが、少し残念な気がします。


今はどこにいても世界中の写真が見られるので、わざわざ行かなくても知っているような気になるのでしょうか。

異国の綺麗な写真を見たからこそ、そこへ行って直接その景色が見たいという気持ちの方も多いとは思いますが。


インターネットがない時代の人々の、海や山の向こうへの憧れはどんなに大きかっただろうと思います。

ロマンですね。



  ★応援クリックしていただければ嬉しいです★
          にほんブログ村 写真ブログ 写真と詩(写真重視)へ
thread: 写真にコトバをのせて | janre: 写真 |  trackback: -- | comment: 0 | edit

同じ心 


the same feelings

その人の詩を読むと、悲しくてたまらなくなります。

その人の悲しみは、私の悲しみとぴったりと合うことがたくさんあります。

その人の詩は、その人自身のことであるのと同時に私のことでもあります。

その人は私の一番好きな詩人ですが、ただ好きだというだけで終わらせてはいけないような気持ちになります。

その人は、中原中也さんです。


偉大な詩人と凡人の私には天と地ほどの差があります。

詩を愛する者として、中也さんは遠い遠い憧れです。

ただ心の震え方だけは同じ部分があるのだと思います。



  ★応援クリックしていただければ嬉しいです★
          にほんブログ村 写真ブログ 写真と詩(写真重視)へ
thread: 写真にコトバをのせて | janre: 写真 |  trackback: -- | comment: 0 | edit

もののあはれ 

mono no aware

私の写真詩にはイギリスで撮った写真が少なからず出てきます。

この写真もそうです。

滞在していたのはもう何年も前なのですが、今でもよく数々の美しい景色を思い出します。

外国にいると、自分が日本人であるという事をより強く感じます。



  ★応援クリックしていただければ嬉しいです★
          にほんブログ村 写真ブログ 写真と詩(写真重視)へ
thread: 写真にコトバをのせて | janre: 写真 |  trackback: -- | comment: 2 | edit

淡い空と心 

pale

淡い色が好きです。

淡い切なさやもの哀しさが幸せなものに変わりますように。



  ★応援クリックしていただければ嬉しいです★
          にほんブログ村 写真ブログ 写真と詩(写真重視)へ
thread: 写真にコトバをのせて | janre: 写真 |  trackback: -- | comment: 0 | edit

少しずつ 

bit by bit

「今しかない」という気持ちもありますが、「もしも生まれ変わりがあるのなら」という気持ちもあります。



せっかく小石の海岸へ行ったのに、綺麗な石を探し出すロマンよりも寒いという感覚の方が勝ってしまいすぐに引き上げたという後悔を呼び起こす写真です。

次に小石の海岸へ行く機会があれば、ロマンを優先させたいです。



  ★応援クリックしていただければ嬉しいです★
          にほんブログ村 写真ブログ 写真と詩(写真重視)へ
thread: 写真にコトバをのせて | janre: 写真 |  trackback: -- | comment: 0 | edit