komichi☆写真詩

事実 


truth

いつものことなのですが、緑が光を浴びているような写真は容量が大きくなり、なかなか思い通りの状態で保存するのが難しいです。

この写真もそうです。

どんな環境でもお待たせせずに見ていただけるように、なるべく容量を小さくしているのですが、今時のネット環境では容量の大きさは関係ないのでしょうか。

多くの方がされているように、クリックしたら写真が大きくなるようにした方がいいのかも…と思うこともあります。

ですが、私にとってはクリックせずに大きすぎず、小さすぎず、というのが理想です。

余程の事がない限り変更はしない気もします。



  ★応援クリックしていただければ嬉しいです★
          にほんブログ村 写真ブログ 写真と詩(写真重視)へ
thread: 写真にコトバをのせて | janre: 写真 |  trackback: -- | comment: 0 | edit

素敵な何か 


something beautiful

茂みのそばを通るときは、何がいるか分からない怖さが常にあります。

毒蛇が飛び出してこないとも言えないですし、動物の亡骸を見つけてショックを受けるかもしれません。

ですが、大抵は何か美しいものを見つけて感動します。

人生もそうなのかもしれません。

怖さは常にあっても、素敵で美しいんですよね。



  ★応援クリックしていただければ嬉しいです★
          にほんブログ村 写真ブログ 写真と詩(写真重視)へ
thread: 写真にコトバをのせて | janre: 写真 |  trackback: -- | comment: 0 | edit

宝物 


treasure

これまでに何度か絵心コンテストをしたことがあります。

友人と、家族(主に親戚のちびっこ)と、好きな人と。

学生の頃は絵を描くのがとても好きだったのですが、絵心コンテストの結果は散々でした。

私は実物(または写真)を目の前にしなければろくに描けません。

なんとも残念な画力です。

とはいえ、常にリベンジの機会を窺っています。



  ★応援クリックしていただければ嬉しいです★
          にほんブログ村 写真ブログ 写真と詩(写真重視)へ
thread: 写真にコトバをのせて | janre: 写真 |  trackback: -- | comment: 0 | edit

大人になったら 


when you grow up

子供の頃、大人になったらすごいことができるようになると思っていました。

挙げればきりがない位たくさんあるのですが、例えば運動が好きだというだけで、スタントマン並に動けるようになると信じていました。

カーチェイスができるとか、馬に乗って崖を飛び越えられるとか…。

周りにそういう方がいたわけではないのですが。


今の私は、子供の頃思っていた姿とは程遠いですが、できるようになったこともたくさんあるので悪くはないなと思っています。(慰めています)

夜なかなか寝付けなくても、お化けが来たらどうしようと怖がることもないですし。



  ★応援クリックしていただければ嬉しいです★
          にほんブログ村 写真ブログ 写真と詩(写真重視)へ
thread: 写真にコトバをのせて | janre: 写真 |  trackback: -- | comment: 0 | edit

働きアリ 

worker ant

おしりに光沢のある、かわいい蟻に出会いました。


同じ種類の虫でも、なんとなく近付ける虫と近付けない虫がいます。

大丈夫だと思って近付いて撮った写真を拡大すると、虫の顔が怖くてびっくりすることがあります。

なんとなくはダメですね。

感覚を磨かなくてはなりません。


ところで、虫の写真を使うときはあまり拡大しすぎないようにしています。

虫が苦手な方でも見られる程度の大きさにしたいのです。

ですが私の苦手な特定の虫だとこのサイズでも無理かもしれません。

かわいい虫はお見せしたいので、拡大サイズは悩みどころです。



  ★応援クリックしていただければ嬉しいです★
          にほんブログ村 写真ブログ 写真と詩(写真重視)へ
thread: 写真にコトバをのせて | janre: 写真 |  trackback: -- | comment: 0 | edit