komichi☆写真詩

最初で最期 

first and last

千載一遇のチャンス。

千年に一度ですから、人生で一度ですよね。

上手くいくかどうかは分からなくても、迷わず手を伸ばしたいですね。

そして、掴めますように。

運命の女神がやさしく光で照らしてくれているような時ってあると思います。



  ★応援クリックしていただければ嬉しいです★
          にほんブログ村 写真ブログ 写真と詩(写真重視)へ
thread: 写真にコトバをのせて | janre: 写真 |  trackback: -- | comment: 0 | edit

三日月 

crescent

これを作った時から、かなり長い年月が過ぎました。

当時の自分に恥ずかしくない大人でありたいものですが、恥ずかしいことを更新し続けています。

きっとこれからも。

人生って面白いです。



  ★応援クリックしていただければ嬉しいです★
          にほんブログ村 写真ブログ 写真と詩(写真重視)へ
thread: 写真にコトバをのせて | janre: 写真 |  trackback: -- | comment: 0 | edit

小さい人のいる処 

fairy land

おとぎの国。妖精の世界。小人の棲む森。

妖精にしても小人にしても、西洋のイメージが浮かびます。

日本でいうと、一寸法師でしょうか。

それとも噂の小さいおじさん。

私は残念ながら、そのような小さい人たちには出会ったことはありませんが、想像して楽しい存在はいると思っています。

その方が世界は素敵だからです。

いつか小さい人たちに会ってみたいです。



  ★応援クリックしていただければ嬉しいです★
          にほんブログ村 写真ブログ 写真と詩(写真重視)へ
thread: 写真にコトバをのせて | janre: 写真 |  trackback: -- | comment: 0 | edit

水にその名を刻まれし詩人へ to Keats 

to Keats

写真はローマにあるキーツ シェリー記念館の一室から撮った空です。

1821年、英国ロマン派詩人ジョン・キーツが最期を迎えた部屋です。


随分前になりますが、留学中の旅行でここを訪れた時は涙が出ました。

キーツは私にとって特別です。

とてもとても好きな詩人の一人です。


キーツのベッド、キーツのデスマスク、キーツが見たであろう空。

かつてキーツがいた場所に自分も立っていることに感動しましたし、キーツの最期を思って悲しくもありました。


キーツの詩はいつもそばに寄り添ってくれています。

私は文才があるわけでもありませんし、偉大な詩人に向けて何かを書くのは恐れ多いのですが、好きな気持ちが強いと書かずにはいられないのです。



  ★応援クリックしていただければ嬉しいです★
          にほんブログ村 写真ブログ 写真と詩(写真重視)へ
thread: 写真にコトバをのせて | janre: 写真 |  trackback: -- | comment: 0 | edit

笑顔が連れてくる予感 

full of smiles

霞がかったような正体のよく分からないものが次第にはっきりしていく間に、それが嬉しいことである予感がした時、何とも言えないもどかしさとくすぐったさがあります。

それに戸惑いも。

ですが、嬉しい予感はきっと嬉しい結果を運んでくれますよね。

「笑う門には福来る」は今や実証されていることでしょうし、笑顔が運んでくれた予感なら、尚更素敵な結果にできると思います。




  ★応援クリックしていただければ嬉しいです★
          にほんブログ村 写真ブログ 写真と詩(写真重視)へ
thread: 写真にコトバをのせて | janre: 写真 |  trackback: -- | comment: 0 | edit

寒い冬の幸せ 

winter happiness

寒い日に感じるあたたかさは格別ですよね。

四季がはっきりしている日本だからこそ、季節毎に異なった楽しみがたくさんあって嬉しくなります。

心身共にあたたかい冬をお過ごしください。




  ★応援クリックしていただければ嬉しいです★
          にほんブログ村 写真ブログ 写真と詩(写真重視)へ
thread: 写真にコトバをのせて | janre: 写真 |  trackback: -- | comment: 0 | edit

温もり 

warmth

赤ちゃんはひたすら愛される存在ですね。

可愛くてたまりません。



  ★応援クリックしていただければ嬉しいです★
          にほんブログ村 写真ブログ 写真と詩(写真重視)へ
thread: 写真にコトバをのせて | janre: 写真 |  trackback: -- | comment: 0 | edit

深海ロマン 

the deep sea

ここ何年かの深海ブームのおかげで、深海の映像を目にする機会がたくさんあって嬉しい限りです。

深海に限らず、子供の頃から海には惹かれます。


泳ぐ姿を生で見てみたい深海魚はたくさんいますが、特にリュウグウノツカイが見たいです。

ラブカやミツクリザメなどの姿からしてかなり特徴的な鮫たちはもちろん、フトツノザメやユメザメ、ヨロイザメなども見たいです。

沼津港深海水族館へ行ったとき、残念ながら上記の深海魚には会えませんでしたが、それでも大興奮でした。


深海というと、魚だけではなく専門家の皆様も魅力的だと思います。

あの情熱的なお姿、テレビなどで拝見する度にわくわくします。

深海の神秘。

深海のロマン。

素晴らしいです。



  ★応援クリックしていただければ嬉しいです★
          にほんブログ村 写真ブログ 写真と詩(写真重視)へ
thread: 写真にコトバをのせて | janre: 写真 |  trackback: -- | comment: 0 | edit

花一輪 

a flower


今日の写真詩は愚かな自己満足のようでやりきれなくもあるのですが、恐ろしい状況下にいらっしゃる方々のことを思って作りました。

争いや暴力は物語の中だけにして、この世からなくなればいいのにと思います。



  ★応援クリックしていただければ嬉しいです★
          にほんブログ村 写真ブログ 写真と詩(写真重視)へ
thread: 写真にコトバをのせて | janre: 写真 |  trackback: -- | comment: 0 | edit

鞄の中 

my life

自分の人生を振り返ると、顔から火が出そうな恥ずかしい失敗がたくさんあります。

周りに笑ってもらえるならそれでもいいかなとも思っています。

たとえ「変」という意味で笑われているのだとしても。

自分にできることをするしかないですものね。

懸命に生きるのみです。




  ★応援クリックしていただければ嬉しいです★
          にほんブログ村 写真ブログ 写真と詩(写真重視)へ
thread: 写真にコトバをのせて | janre: 写真 |  trackback: -- | comment: 0 | edit