komichi☆写真詩

人それぞれ 

it depends

人の幸せは本人にしか分からないもので、傍から見て感じることと本人の思いは違うことも多いと思います。

どんな二人かによってもイメージは違ってきますし、時代の違いもあるのでしょうが。

例えば年配のご夫婦で、年の離れた御主人のおっしゃる通りにされている奥様に対しては特に違和感や不安感はないのかもしれません。

ですが若い夫婦やカップルに対してはどこか空恐ろしい感じが否めません。

本当は幸福だとしても。



  ★応援クリックしていただければ嬉しいです★
          にほんブログ村 写真ブログ 写真と詩(写真重視)へ
thread: 写真にコトバをのせて | janre: 写真 |  trackback: -- | comment: 2 | edit

帰り道 

way home

小学校の帰り道に草花で遊んだり、虫を観察したりということが楽しかったです。

湧水で喉の渇きを潤したり、小さな川で水かけっこをしていて、マムシが流れてきて大騒ぎしたこともあります。

どれもいい思い出です。

子供の頃は当たり前だった小さな幸せが、今はとても貴重に思えます。



  ★応援クリックしていただければ嬉しいです★
          にほんブログ村 写真ブログ 写真と詩(写真重視)へ
thread: 写真にコトバをのせて | janre: 写真 |  trackback: -- | comment: 0 | edit

抜け殻 

empty shell

写真はつい先日見つけた蝉の抜け殻です。

昨年の夏からこの葉に残っているのかと思うと、何とも言えない気持ちになりました。

蝉はとっくにこの世にはいないわけで、それでも生きていた証は残っていて。

この蝉が思う存分鳴くことができたのならいいなと思いました。



  ★応援クリックしていただければ嬉しいです★
          にほんブログ村 写真ブログ 写真と詩(写真重視)へ
thread: 写真にコトバをのせて | janre: 写真 |  trackback: -- | comment: 0 | edit

彩り 

colour

春は、花々が人々の凝り固まった心を解きほぐしてくれます。

可憐な木瓜の花もその一つです。

世界がほんわかあたたかい雰囲気に包まれていくようです。





  ★応援クリックしていただければ嬉しいです★
          にほんブログ村 写真ブログ 写真と詩(写真重視)へ
thread: 写真にコトバをのせて | janre: 写真 |  trackback: -- | comment: 0 | edit

淡い空と心 

pale

淡い色が好きです。

淡い切なさやもの哀しさが幸せなものに変わりますように。



  ★応援クリックしていただければ嬉しいです★
          にほんブログ村 写真ブログ 写真と詩(写真重視)へ
thread: 写真にコトバをのせて | janre: 写真 |  trackback: -- | comment: 0 | edit

I miss you 

i miss you

桜を見ると、必ず好きな人に会いたくなります。

桜の儚さがそうさせるのでしょうね。

桜は私にとって特別な花です。



  ★応援クリックしていただければ嬉しいです★
          にほんブログ村 写真ブログ 写真と詩(写真重視)へ
thread: 写真にコトバをのせて | janre: 写真 |  trackback: -- | comment: 2 | edit

友情 

friendship

本当に仲がいい友人なら、滅多に会えなくなっても関係は変わらないと言いますよね。

確かにそうなのでしょうが、やはり会えなくなるのはとても寂しいです。



  ★応援クリックしていただければ嬉しいです★
          にほんブログ村 写真ブログ 写真と詩(写真重視)へ
thread: 写真にコトバをのせて | janre: 写真 |  trackback: -- | comment: 0 | edit

もう知っているから 

already know 1

弱気になることもありますが、心の中に揺るがない思いがあれば大丈夫です。



  ★応援クリックしていただければ嬉しいです★
          にほんブログ村 写真ブログ 写真と詩(写真重視)へ
thread: 写真にコトバをのせて | janre: 写真 |  trackback: -- | comment: 0 | edit

二つの感情 

two feelings 1

あんまりたくさん願うと罰が当たってしまうのではないかと思ったり、欲深いようで自己嫌悪に陥ることもあります。

慎ましく生きることを善しとする日本人としては自然なことかもしれません。

この写真詩の内容は極端なので少し違いますが。

限りある命ですから、本当に願う事ならとことん我が儘に心のままに願ってもいいのではないかと思います。



  ★応援クリックしていただければ嬉しいです★
          にほんブログ村 写真ブログ 写真と詩(写真重視)へ
thread: 写真にコトバをのせて | janre: 写真 |  trackback: -- | comment: 2 | edit

下を向いて歩く君 


smile down

一つ前の「桜の誘い」に関連したものです。

下を向くということから連想されるのはほぼ悪いイメージかもしれません。

ですが大切なのは、上を向いているか下を向いているかではなくて、どういう気持ちでそうしているかなんだと思います。



  ★応援クリックしていただければ嬉しいです★
          にほんブログ村 写真ブログ 写真と詩(写真重視)へ
thread: 写真にコトバをのせて | janre: 写真 |  trackback: -- | comment: 0 | edit