komichi☆写真詩

そのままで 


let it be

緩やかだった川の流れが岩をよけてから、急に速さを増していました。

岩の所から勾配が急になっただけなのかもしれませんが、障害物をよけたら物事がスムーズに進むイメージがしてすっきりしました。



  ★応援クリックしていただければ嬉しいです★
          にほんブログ村 写真ブログ 写真と詩(写真重視)へ
thread: 写真にコトバをのせて | janre: 写真 |  trackback: -- | comment: 0 | edit

腕の持ち主 


arms

満員電車は苦手ですが、かつてあの混み合った車内に安心したことがあります。

恋人と別れてかなり寂しかった時期です。

つり革もつかめない、指一本も動かせないような状態で、本当なら苦痛でしかないはずなのですが、人が周りにいて体温が感じられることに安心したのです。

あったかければ誰でもいいのでしょうか。

この写真詩の腕の持ち主も誰かは分からないのに嬉しいという感情だったので、満員電車のことを思い出しました。



  ★応援クリックしていただければ嬉しいです★
          にほんブログ村 写真ブログ 写真と詩(写真重視)へ
thread: 写真にコトバをのせて | janre: 写真 |  trackback: -- | comment: 0 | edit

素敵な何か 


something beautiful

茂みのそばを通るときは、何がいるか分からない怖さが常にあります。

毒蛇が飛び出してこないとも言えないですし、動物の亡骸を見つけてショックを受けるかもしれません。

ですが、大抵は何か美しいものを見つけて感動します。

人生もそうなのかもしれません。

怖さは常にあっても、素敵で美しいんですよね。



  ★応援クリックしていただければ嬉しいです★
          にほんブログ村 写真ブログ 写真と詩(写真重視)へ
thread: 写真にコトバをのせて | janre: 写真 |  trackback: -- | comment: 0 | edit

ハッピーエンド 


ハッピーエンド

全ては捉え方次第なので、ハッピーエンドにも色々あるとは思います。

こう思ってしまうところが真っ直ぐに物事を考えられない大人なのでしょうか。

ひねくれた大人だとしても、ハッピーエンドを信じて、自分を信じていたいものです。

自分を鼓舞して日々乗り越えなければなりませんものね。


とはいえ、やはり童話のようなハッピーエンドがいいですね。

王子様とお姫様は結婚して、いつまでも幸せに暮らしました。めでたし、めでたし。

…というような。



  ★応援クリックしていただければ嬉しいです★
          にほんブログ村 写真ブログ 写真と詩(写真重視)へ
thread: 写真にコトバをのせて | janre: 写真 |  trackback: -- | comment: 0 | edit

はずれ者の気持ち 

outsider

早朝の散歩で出会った鳩たちです。


雄が体を膨らませて、雌に求愛していました。

雌は逃げることなくそれを見ていたので、まんざらでもないのだと思います。

そのすぐ側に、もう1羽の鳩(おそらく雄)がいました。

求愛中の鳩たちが動くと、もう1羽も動いて離れないように距離を保っていました。

恋敵なのだろうとは思うのですが、邪魔をするわけでもなく、じっとそばにいたのです。

不思議な光景でした。


真剣な求愛と複雑な関係に、見ているこちらは緊張しました。

ですが、少し離れた場所で餌が撒かれた途端に、3羽ともあっという間に飛んで行きました。

散歩のおじさまが餌をやったようです。

たくさんの鳩が集まっていました。

鳩は色気よりも食い気というのは本当なのですね。

今までの恋のあれこれは何だったのだろうと呆気に取られましたが、平和な感じがしてほほえましくもあります。



  ★応援クリックしていただければ嬉しいです★
          にほんブログ村 写真ブログ 写真と詩(写真重視)へ
thread: 写真にコトバをのせて | janre: 写真 |  trackback: -- | comment: 0 | edit

ひとり寝と夢 

lonely dream

写真は、打ち上げ花火の爆発の破片です。

人々が見上げる一番綺麗な部分からは、かなり離れています。

メインではない部分の美しさに魅かれます。

過ぎゆく夢と重なりました。



  ★応援クリックしていただければ嬉しいです★
          にほんブログ村 写真ブログ 写真と詩(写真重視)へ
thread: 写真にコトバをのせて | janre: 写真 |  trackback: -- | comment: 0 | edit

狂人願望 


be crazy

恋をすると、今までの自分とは違う状態になってしまいます。

冷静さを欠いて周りが見えなくなります。

一歩下がった所から見ている自分がいるとしても、そちらの自分の言う事なんて聞いていられません。

それで恥ずかしい失敗をたくさんしてしまうので、よくないのかもしれません。

ですが、最初の段階で、冷静なままでいられる感情は恋ではないように思います。



  ★応援クリックしていただければ嬉しいです★
          にほんブログ村 写真ブログ 写真と詩(写真重視)へ
thread: 写真にコトバをのせて | janre: 写真 |  trackback: -- | comment: 0 | edit

肉食の是非 


to eat meat

私はお肉がとても好きです。

牛肉、豚肉、鶏肉、魚肉も食べます。


ですが、鯨やイルカや馬は食べられません。

味がどうこうではなくて、精神的に拒否してしまいます。

だからといって食べる人を否定する気持ちは全くありません。

それらの動物を食べる環境下で育っていないことと、動物の中でも特に好きだから食べないというだけです。


地域や国、信仰によって食の違いがあるのは当然です。

考え方が違うのですから嫌悪感を持つことは仕方がないとは思いますが、自分たちが食べない動物を食べるからといって干渉したり、悪者扱いするのはいかがなものかと思います。

肉食自体がいいか悪いかというよりも、この動物はよくてこの動物はダメだということに強い疑問を感じます。



  ★応援クリックしていただければ嬉しいです★
          にほんブログ村 写真ブログ 写真と詩(写真重視)へ
thread: 写真にコトバをのせて | janre: 写真 |  trackback: -- | comment: 0 | edit

宝物 


treasure

これまでに何度か絵心コンテストをしたことがあります。

友人と、家族(主に親戚のちびっこ)と、好きな人と。

学生の頃は絵を描くのがとても好きだったのですが、絵心コンテストの結果は散々でした。

私は実物(または写真)を目の前にしなければろくに描けません。

なんとも残念な画力です。

とはいえ、常にリベンジの機会を窺っています。



  ★応援クリックしていただければ嬉しいです★
          にほんブログ村 写真ブログ 写真と詩(写真重視)へ
thread: 写真にコトバをのせて | janre: 写真 |  trackback: -- | comment: 0 | edit

秘密の朝 


secret morning

カメラを抱えて朝日を待っている時、遠くに鳩の番いを見つけました。

ぴたりとくっついて並んで東を向いていました。

私と同じように日の出を待っていたのかもしれません。

広げた翼が綺麗で、見惚れてしまいました。

意識したことはなかったのですが、どうやら私は翼が好きなようです。

空を飛ぶ夢の中ではいつも翼を持つことなく飛んでいたのですが、翼で飛ぶ夢もみたいものです。






  ★応援クリックしていただければ嬉しいです★
          にほんブログ村 写真ブログ 写真と詩(写真重視)へ
thread: 写真にコトバをのせて | janre: 写真 |  trackback: -- | comment: 0 | edit