komichi☆写真詩

春の月と桜の花 

the moon and cherry blossoms


月や花を愛でて日々過ごすことができたらどんなに素晴らしいだろうと思います。

勝手な私のイメージですが、そんなことができたのは平安時代の貴族位でしょうか。

たとえ毎日そのように過ごせたとしても、桜も梅も儚く散ってしまいますから寂しく愛おしいのですよね。




  ★応援クリックしていただければ嬉しいです★
          にほんブログ村 写真ブログ 写真と詩(写真重視)へ
thread: 写真にコトバをのせて | janre: 写真 |  trackback: -- | comment: 0 | edit

コメント

コメントの投稿

Secret