komichi☆写真詩

ハトへ 

to pigeons

子供の頃、野菜(大豆など)を庭で干すことがありました。

防鳥のために網が張ってあったのですが、たまに鳩が引っかかることがありました。

網にからまって暴れている鳩を見つけても、不器用な私は鳩を助けられず、家族を呼ぶことしか出来ませんでした。

網から出せた時はいいのですが、間に合わないこともありました。

冷たくなった鳩を見るのが辛くて、泣きながら家の中に逃げ込んだことを覚えています。

埋葬したのは私よりも小さいきょうだいでした。

いかに自分が弱虫かを思い知りましたし、何も出来なかったことへの罪悪感で忘れられない出来事です。

鳩に「網を見たら近付かないで」というのは無理な注文ですが、そう思わずにはいられません。

そういえば、何もしなくても勝手に網から脱出する鳩もいて、鳩にも色々だと思ったこともありました。



  ★応援クリックしていただければ嬉しいです★
          にほんブログ村 写真ブログ 写真と詩(写真重視)へ
thread: 写真にコトバをのせて | janre: 写真 |  trackback: -- | comment: 0 | edit

コメント

コメントの投稿

Secret